成功のカギは業者選び!土地付き太陽光発電物件に関するノウハウを身につけて、投資を成功させよう!

太陽光発電投資の仕組みとは?基礎知識や専門用語などを身につけよう!

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/27

近年、少子高齢化の影響もあり、老後の生活を年金だけで賄うことは難しいという声を耳にします。そのため、投資に関心を持つ人が増えてきているのが実情です。様々な投資がありますが、ここでは太陽光発電投資について解説をしていきます。

太陽光発電投資についての概要と仕組み

太陽光発電投資とは、簡単に言えば太陽光発電によって生み出した電気エネルギーを電力会社に買い取ってもらうという制度になっています。太陽光発電というと一般的には自宅の電気代を減らすために設置するというイメージが強いですが、余ったエネルギーを買い取ってもらったり、場合によっては生み出した電力をすべて買い取ってもらう事もできます。

電力会社の買い取りは原則として20年間と定められています。つまり十分な電力を生み出すことさえできれば20年間は確実に利益を確保することができ、設置した際の経費を回収できるという訳です。どうして電力会社が太陽光発電の電力を買い取るようになったのかというと、最も大きな理由はエネルギーの国内自給率が著しく低下しているためです。

特に東日本大震災以降原子力発電の割合が大幅に低下したことが国内自給率を低下させた最大の要因となっています。太陽光発電を買い取ることによって国内自給率を回復させるとともに、太陽光発電を導入する家庭を増やす目論見もあるといえるでしょう。

太陽光発電の買い取りの仕組みは大きく2つに分かれていて、1つが余った電気を買い取る「住宅用」、もう1つが生み出した電気をすべて買い取ってもらう「産業用」です。太陽光発電投資は産業用に区分されていて、10キロワットの発電出力を生み出せることを条件としています。

太陽光発電投資は場所による費用の変動が少ない

太陽光発電を使った投資にはさまざまなメリットがあることから、大きな注目を集めています。

まず、メリットの1つとして太陽光発電を実行する土地によって初期投資が大きく変動したりすることがないという事が挙げられます。例えばサラリーマンが実行しやすい投資の1つに不動産投資があります。不動産投資というのは賃貸用の物件を購入し、その物件に入居者が現れて実際に部屋に住むことで支払われる家賃から収入を得るというシステムになっています。

不動産投資は人がたくさん集まる場所のほうが利益を得やすいため、東京など大都市の部屋やマンションを購入するほうが良いのですが、東京をはじめとした大都市というのは基本的に土地代がとても高く、かなりの初期逃避が必要となります。

しかし太陽光発電を設置する工事は、建っている建物の構造などによって工事費用が多少左右されるものの、不動産のように設置する場所で大きく価格が変動することはありません。東京で太陽光発電による投資をはじめたとしても、ほかの場所に比べて格段に工事費用が高くなるという事はないでしょう。

安定した収入が20年間は保証される

太陽光発電による投資を実行することで得られるメリットとして、とても大きいのが確実に安定した収入を得ることができるというものです。太陽光発電で生み出された電力は「固定価格買取制度」という制度を元に買い取りが行われます。

ちなみにいくらで買い取ってもらえるかの計算式は「年間発電量=年間日射量(kW/㎡)✕ソーラーパネル設置容量」となっています。しかしながら年間日射量は、一年間の天候によって大きく変動することから「年間発電量(kWh)=年間日照時間(h)✕0.65」といった計算式によって買い取り価格を算出することも多いです。

日照時間の変動で買取価格の変動はありますが、例えば不動産投資の場合は入居者が全く現れなくて収入がゼロになってしまうというような大きなリスクは少ないでしょう。

一定以上の利益は確実に見込めるというのが太陽光発電投資の大きなメリットです。 そして20年間は確実に電力による利益を得ることができるので、その利益をどのように運用するかのプランがとても立てやすい投資となっています。

デメリットについても確認しておこう

これまで紹介したように、さまざまなメリットがある太陽光発電投資ですが、どんな投資にもデメリットというものが必ず存在します。太陽光発電による投資もメリットばかりではなく、デメリットもあるので導入を検討している人はデメリットについてもしっかりと理解したうえで導入するようにしましょう。

一番大きなデメリットはやはりその時の天候で収入が大きく変動する事です。太陽光発電は太陽の日航が無ければ電力を生み出せません。ですから天気が良い日はたくさんの電気を生み出すことができますが、逆に曇りや雨の日になると生み出せる電気の量は大きく低下してしまいます。

だいたい曇りになると晴れの日の半分から1割程度に、雨が降ってしまうと転向によっては電力が一切生み出せないこともあります。設置の際には極力年間を通して天気が良い場所への設置を検討したいところです。

そして、太陽光発電によって常に安定した電力を生み出すためには定期的なメンテナンスが必要となるのですが、このメンテナンスは専門の業者に委託することになるため、メンテナンスのコストが発生することもデメリットとして挙げられます。

土地付き太陽光発電投資について

太陽光発電というと、イメージとしては自宅の屋根に設置することを想像する人が居るかもしれませんが、もし自宅がある場所があまり日光が当たらない場所だった場合はせっかく設置しても思うような収入が得られない恐れがあります。そういった人は太陽光発電による投資ができないのかというと、そのようなことはありません。

太陽光発電投資は、太陽光発電用のソーラーパネルを設置できる場所があり、なおかつその土地がパネルを設置できるような場所であれば、どこでもできます。自宅に太陽光発電用のパネルを設置することが難しい場合は、太陽光発電用のパネルを設置する場所ごと購入することによって太陽光発電投資をはじめる方法もあります。

また、太陽光発電用のパネルだけを購入し、土地は購入するのではなく、借り入れをするという方法でも太陽光発電による投資を実行できます。土地ごと自分で購入すれば、その土地は自分のものになります。ですから太陽光発電による投資以外でも利用できますし、不要になれば売却することで別の利益を確保できます。

一方、土地の借り入れを選択した場合は土地の固定資産税を支払う必要が無かったり、パネルを撤去する際の費用が必要ないというような、土地購入にはないメリットがあります。

確実に利益を得ることができる物件を見つけよう

太陽光発電投資は安定した収入を得ることができるリスクの少ない投資方法ではありますが、生み出される電力は変動します。より安定した収入を得るためには何といっても設置する場所をしっかりと検証することが大切になります。

例えば北陸地方など、冬場に大量に雪が降る場所はその時期の日照時間が著しく低下してしまうため、太陽光発電を設置する場所としてはあまりふさわしくないといえるでしょう。気象庁のホームページには47都道府県の日照時間のデータが公表されています。これらを参考にすると良いでしょう。

そして、気になる場所があれば必ず現地に足を運ぶようにしてください。賃貸物件を借りるときもそうですが、実際に現地に行くことによって日当たりなど資料ではわからないことが確認できます。気になる土地が見つかったら、実際にパネルの設置やメンテナンスを委託する会社を決めることになります。

その際は工事の際にどれくらい費用がかかるかの見積もりを出してもらいます。見積もりをもらったら、その場所でどれくらいの電力が生み出せるかを計算し、確実に利益を確保できることが確認出来てから工事を依頼するようにしましょう。

 

太陽光発電による投資は、20年間は確実に収入を得ることができ、さらにメンテナンスも自分でおこなう必要がないことから、特にサラリーマンに注目されている投資です。しかし安定した収入を得られるとは言え、日照時間によって収入は大きく変動します。その土地の日照時間はどれくらいなのかを事前にしっかり調べておき、設置した工事費を回収できてなおかつ確実に利益を得られる場所でパネルを設置しましょう。




サイト内検索
記事一覧