成功のカギは業者選び!土地付き太陽光発電物件に関するノウハウを身につけて、投資を成功させよう!

初心者のための投資マニュアル!太陽光発電投資のいろはをご紹介

公開日:2019/12/15  最終更新日:2020/01/20

投資というと初心者では失敗してしまうリスクが高く、さまざまな知識と経験が必要だと思われてしまいがちです。太陽光発電投資も同じようにノウハウがないとできないものなのでしょうか。

これから投資するかどうかを検討してみたいと思っている人のために知っておくと役に立ついろはを紹介します。

そもそもどんな投資モデルなのか

投資は基本的には最初にお金を費やして、その後に運用した結果として初期に使ったのよりも大きなお金を手に入れて利益を得るものです。例えば、株式投資の場合には株式をある価格で購入し、その基準価格が上がったタイミングで売ることにより差額で利益を獲得することができます。

それに加えて分配金や株主優待なども受けられるため、売ったときの価格が買ったときと同じくらいでも儲けられることが少なくありません。このような投資モデルについて理解することは投資活動をするときには欠かせないことです。太陽光発電投資の場合にはどのような形で利益を得られるモデルができているのでしょうか。

太陽光発電投資の場合には太陽光発電によって電気を作って売ることにより利益を手に入れるというのが基本です。投資を始めるときにはまず太陽光発電システムを設置します。広大な土地を購入して太陽光発電パネルを敷き詰めていき、その全体をコントロールできるシステムを導入するというのが一般的です。小規模の場合には一戸建て住宅の屋根に太陽光発電パネルを乗せたり、マンションのベランダにパネルを置いたりすることもあります。

ただ、大きな規模でおこなわないと利益幅もあまり大きくならないため、投資として実施する場合には土地付きで太陽光発電システムを手に入れるのが通例です。この際に土地の購入費用や整備費用、太陽光発電システムの購入費用と設置費用が初期投資として必要になります。

しかし、システムを稼働させれば太陽光がパネルに当たると電気が生み出され、その電気を電力会社に買い取ってもらうことが可能です。その売電利益が積み重なっていくと初期投資額を上回っていき、トータルとして投資により稼ぐことができたと言えるようになります。

このように太陽光というただで誰でも手に入れられるエネルギーを使い、世の中で必要とされている電気を作って売ることにより収入を得るのがこのモデルの特徴です。太陽光発電システムのメンテナンスさえ続けていればずっと収益を生み出せることから、長期投資としての魅力が大きくなっています。

安心できると言われている理由とは

投資は一般的にはハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンと言われていて、大きなリスクがあるところに投資をすると成功すれば大きな利益を得ることが可能です。

太陽光発電投資は安心でありながらも利益も比較的手に入れやすいことが知られていて、ミドルリスク・ミドルリターン、あるいはローリスク・ミドルリターンという表現をする人も少なくありません。太陽光発電は太陽光がパネルに当たる限りは電気を生み出すことができます。曇りや雨の日には発電量はゼロになりますが、晴れていれば設置面積に応じた膨大な電気を作って利益を生み出してくれるでしょう。

ただ、本当に安心できる投資方法なのかというのには疑問を持つ人もいます。例えば、雨続きのときには全然発電できないので利益が生まれないリスクがあると考えることが可能です。一日や一週間という見方では確かに利益を上げられないタイミングがある可能性はあります。

しかし、年間の日照量はほぼ一定になっているため、一年というスパンで考えるとどのくらい発電できるかは見積もることができ、その値から大きく外れることはあまりありません。つまり、初期投資にどのくらいの費用が必要かを見積もるときに、その際に導入するシステムでは年間どのくらいの電気を作ることができるかを予想することが可能なのです。

すると、電気がいくらで売れるかさえわかれば初期投資を回収するのに何年かかるかを見積もることができます。電気の買取価格については国が保証する制度を整えています。年々買取額は下がってきているものの、太陽光発電を開始した年度によって単価がいくらかが定められています。

その価格が事業用の場合には20年間も同じ金額のままにするという仕組みになっているので、単価の変動によるリスクもないのが特徴です。このような固定価格買取制度が整っているのは太陽光発電が再生可能なエネルギーを利用する発電方法として重視されているからに他なりません。投資リスクとなる売電価格が確実に保証されているからこそ安心できる投資方法として認識されているのです。

リスクについても理解しておこう

リスクが低減されている投資方法だというのは確かでも、太陽光発電投資に全くリスクがないわけではないので注意しましょう。ノーリスク・ミドルリターンであれば投資できるお金を持っている人なら誰もが取り組むのは明らかです。リスクがあるからこそ悩んだ挙句にやめてしまう人もいるということは念頭に置いておく必要があります。

太陽光発電の投資リスクとしてよく知られているのが自然災害や人災です。太陽光発電システムを設置した地域で大規模な地震が起こってしまうとシステム自体が壊れてしまうリスクがあります。壊れてしまったシステムは修理するか、撤去して設置し直さなければなりません。

初期費用に比べると土地の購入費用分は安くて済むものの、莫大な費用をかけなければ再興できないのも確かです。大きな地震でなければ大丈夫かというとそうとも限らないので注意しましょう。

地面に土台を立てて設置するのが標準的な方法なので、崩壊するような地震でなくても土台が傾いてしまうこともあります。わずかな角度の違いによって発電量が大きく変化してしまうこともあり、きちんと元通りに修理しないと想定していたような利益を得られなくなるかもしれません。

このような自然災害によるトラブルは地震だけでなく、津波や大雪、台風や竜巻などによって引き起こされる可能性があります。津波による浸水で漏電を起こして火災になるといったリスクもあるので安全面にも配慮した設計のシステムを導入するのが重要です。

人災については悪意を持った人がパネルを壊したり、子供がいたずらをして壊してしまったりする事例が挙げられます。自動車が道路から侵入してきてシステムを破壊してしまうといったケースも想定できるでしょう。

また、人に限らず動物による被害を受けることもあり、イノシシや鹿などが出没する地域に設置する場合には気をつけなければなりません。このように太陽光発電システムが壊れるような問題が発生したときには大きな出費を伴うことになります。リスクを分散するように心がけるのが良い対策で、遠く離れた二つの地域に太陽光発電システムを設置するなどの工夫をしましょう。

 

太陽光発電投資は太陽光発電システムと土地を購入し、そのシステムを使って太陽光から電気を作って売るという投資モデルに基づいておこなわれています。年間の日照量は比較的安定しているので年間の発電量はトータルで見るとほぼ一定になると考えることが可能です。

その電気を売るときの価格も国が長期にわたって一定にすることを保証しているので、どのくらいの収入を得られるかを見積もりやすくなっています。ただし、リスクもあることを念頭に置いてリスク分散の措置を取ることも重要な投資方法です。




サイト内検索
記事一覧