成功のカギは業者選び!土地付き太陽光発電物件に関するノウハウを身につけて、投資を成功させよう!

事前に対策案を知って備えておこう!自然災害別のリスク対策集

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/24

東京で太陽光発電投資のメリットに注目しているという方も多くいるかもしれません。しかしメリットがある一方で、自然災害などのリスクも存在しています。実際に投資をスタートさせたいと考えているのであれば、リスクも含めた対策を行うことが大切です。自然災害などの対策を行うことで、より良い形で投資をすることにもつながります。

高利回りでローリスクの投資になる!

投資=ハイリスクというイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし土地付きの太陽光発電投資の場合には、少ないリスクで始められるというメリットが存在しています。例えばメリットの1つが、高利回りを期待できるという点です。一般的な不動産投資をしたとしても、利回りが5%ほどというケースも多く見られます。利回りが10%を超えるような物件も多いので、投資に使った資金の回収期間を短くすることが可能です。

そしてローリスクになる理由の1つが、FIT制度の恩恵を得られるという点です。FIT制度というのは、固定価格買い取り制度のことを意味しています。これは電力会社が、太陽光発電などの再背可能エネルギーで発電した電気を固定の価格で買い取る制度のことです。

買取価格は年によって変動はしていますが、マイナスになることはないので損をしません。安定した発電量が確保できることによって、買取額で確実に利益を出せます。具体的にどのくらいの利益が出るのか考えたうえで、しっかりと検討するようにしましょう。

メリットを活かすためには業者選びが大切

東京で土地付きの太陽光発電投資における紹介業者を選ぶとき、どのような基準で選択するかがポイントの1つです。適当に業者を選んでしまうと、リスクに備えられない可能性が高くなってしまうこともあるので注意しましょう。

例えば訪問販売やテレアポ営業がきっかけで、投資に興味を持つという方もいるかもしれません。しかしリピーターや紹介で利益を出せている業者であれば、わざわざ訪問販売などを行う必要はありません。営業を受けたという理由で選ぶのではなく、口コミなどの評価をチェックしたうえで選択することがポイントの1つです。

さらにリスクも含めた説明をしてくれるかどうかも大切な点です。メリットばかりを説明してしつこく勧誘するようなところは信用できない可能性が高くなります。契約を無理強いせずに、確かな知識をもとに説明してくれるのであれば安心して任せやすいのです。

知識が不十分な新入社員が担当という場合には、担当者の変更や別の業者の利用を検討することも必要です。投資金額を決めるときには、不明瞭な金額がないか確認するようにしましょう。

借金をするというリスクを踏まえること

東京で太陽光発電投資を始めるときに忘れてはいけないデメリットの1つが、最初に借金をする必要があるという点です。一般的な不動産投資にも共通していることですが、自己資金で購入するのではなく銀行から融資を受けて投資物件を入手するケースが多くなっています。銀行という信頼できるところから借りるとしても、お金を借りているのは事実です。

大金を借りるリスクを減らすために、比較的安い投資物件を選ぶのも1つの手です。ですが最初の価格が安いと、リターンも少なくなるので注意しましょう。自分の状況を踏まえて購入する物件を選ぶことも必要です。

また太陽光発電投資であれば、太陽光発電分の利益が得られることで一般的な投資よりも初期費用の回収はしやすくなっています。しかし自然災害などの影響によって、初期費用の回収が難しくなるかもしれません。上手くいけば大きな利益につながる一方で、借金をするということになるという点を忘れないようにしましょう。無理のない返済計画を考えていくというのもポイントの1つです。

お金に関する問題をチェックすること

東京の太陽光発電投資で忘れてはいけない点の1つが、維持管理費に関する問題です。長く投資を行っていくためには、太陽光発電の設備のメンテナンスなどの維持管理が欠かせません。そして維持管理のためにはお金がかかるので、その点も含めたチェックが必要になります。維持管理を依頼するための職人が確保できない、もしくは人件費が高いなどの問題が出ることもあるので注意しましょう。

さらに注意が必要な点の1つが、物件というのは年々価値が減少していくという点です。新築物件で購入したとしても、資産価値は必ず下がっていくものです。価値が下がると得られる利益が少なくなる、修繕が必要な箇所が増えるなどの問題が増えるかもしれません。実際にどのような対処が必要になるのか考えていきましょう。

維持管理に関する問題というのは、どのような投資家の方も直面する可能性があるものです。そのため管理に関わるのであれば、先輩投資家の体験談などを参考にするのも1つの手です。先輩たちがどのように対処してきたのか知ることで、より良い対処方法を学ぶことにもつながります。

注意が必要な自然災害の問題を考える

世界の中でも、地球温暖化の影響などで自然災害が多いというのが日本の現在の状況です。そのため東京で太陽光発電投資を考えるのであれば、自然災害のリスクを考えることも必要です。

実際に自然災害といっても、台風や地震、大雨や洪水などさまざまな可能性が存在しています。1つずつの項目ごとに注目して、少しでもリスクを下げられるようにしましょう。

ただし台風や地震などの災害は、どのような地域に被害が多くなるかはわかりません。そこで地盤がしっかりしている地域か確認したうえで、東京で太陽光発電投資を始める場所を選ぶのも1つの手です。液状化などのリスクが高い地域は避けるようにしましょう。

大雨や洪水などのリスクに備えるためには、ハザードマップの活用も欠かせません。川の近くで浸水被害の可能性が高い場所は避け、安全な地域を選ぶことが大切です。周りが高台に囲まれている場所だと、大雨の時の浸水被害の可能性も出てきます。

自然災害で被害を受けると修復ができずに、投資をあきらめるしかない状況になる可能性もあります。事前にできる対策はしっかりと行っておくことが大切です。

1つずつのポイントを確認して投資をスタートしよう

人によっては東京で太陽光発電投資を行うのは遅いと思う方もいるかもしれません。確かに電気の買取の優遇期間が終了したという事実は存在しています。しかし優遇制度が終わったからといっても、太陽光発電投資ではまだまだ利益を得るチャンスがあります。正しい知識やリスクへの備えを行っていくことによって、利益を得ることは可能です。

実際に利益を得るためには、さまざまなポイントから注意していくことが必要不可欠です。デメリットであるリスクを防ぐために、太陽光発電投資を行うときには信頼できる紹介業者を選ぶのもポイントの1つです。信頼できる紹介業者に出会うことができれば、より良い形で投資をスタートさせられる可能性が高いのです。

またリスクを減らすためには、先輩投資家の口コミのチェックも忘れないようにしましょう。先輩の失敗談などを把握することで、リスクを防ぐために必要な対策を把握できます。さまざまなケースに備えておけるかどうかが、問題が起きたときに上手に乗り切るためのコツだという点を忘れてはいけません。

 

東京で太陽光発電投資を始めるとき、発電した電気を買い取ってもらうことで高利回りが期待できます。しかし利益が期待できる一方で、自然災害に巻き込まれたら大きな損害を受けるかもしれません。洪水などのリスクが少ない場所を選ぶなど、災害への備えも忘れないようにしましょう。さまざまなデメリットに備えることで、より良い形で投資を始めることが可能です。




サイト内検索
記事一覧