成功のカギは業者選び!土地付き太陽光発電物件に関するノウハウを身につけて、投資を成功させよう!

いかに効率よく発電できるかがポイント!投資効率をあげる方法!

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/12

東京で太陽光発電投資をするのに興味を持っている人が押さえておきたいのが投資効率を上げるための基本的な戦略です。

太陽光発電投資でなぜ利益を上げられるのかについてまずは詳しくなる必要があります。

そのうえでできるだけ稼げるようにするための始め方を考えられるようになりましょう。

太陽光発電投資で利益を上げられるメカニズムを知ろう

最初に太陽光発電投資によって利益を上げられる仕組みを把握しておきましょう。太陽光発電システムを作り、電気を生み出して売ることにより利益を上げるというのがこの投資方法の概要です。まず太陽光発電システムを設置するための土地を手に入れる必要があります。そして、運用する太陽光発電システムを選定して設置するというのが投資を始めるために必要な手続きです。

ただ、この土地と太陽光発電システムの選び方によって投資効率が大幅に左右されるので注意しなければなりません。その理由を知るためには太陽光発電によって利益を得るモデルをもう少し詳細まで理解しておくことが必要になります。重要なのは太陽光発電システムがどのようにして電気を生み出しているか、そしてその電気がどのような仕組みでお金になるのかを把握することです。

太陽光発電システムが電気を生み出せるのは、システムに組み込まれている太陽光発電パネルに太陽光が当たったときに太陽光が持っているエネルギーを電気に変換する仕組みが搭載されているからです。そのため、太陽光発電パネルに光が当たらなかったら電気は生み出せないということになります。晴天の日中なら発電できるものの、雨天の日や真夜中には電気を作れないのです。また、光がパネルに到達するかどうかが問題なので、大雪で表面に雪が厚く積もってしまうと晴れていても発電できません。もう一つ理解しておきたいのが、発電できる量は太陽光発電パネルに当たる太陽光の強さにも左右されるということです。つまり、夏の強い日差しがある日中にはたくさん電気を作れますが、冬は晴れていても夏に比べると発電量が少なくなります。

一方、電気は電力会社などが買ってくれなければ収入を生み出すことはできません。購入してくれるところが見つかったとしても単価がいくらかによって収入が大きく左右されることになります。この点については当面は悩む必要がないことから太陽光発電投資が活発におこなわれているのが現状です。固定価格買取制度を国が定めているため、事業用の場合には20年もの間は一定の単価で電力会社に買い取ってもらえます。

20年が経過してしまった後は売却先が見つかるか、単価がいくらになるかといった点が不透明です。20年後には十分な投資利益を得て出口戦略を考えられるようにしておくのが合理的でしょう。このような状況をもとにして投資効率を上げる戦略を考えてみると単純明快なことに気づくでしょう。できるだけ少ない初期コストとランニングコストにしつつ、いかにして発電量を大きくするかが重要なのです。電気の売却単価は決まってしまっているので、純粋に発電効率を上げることが投資による利益を拡大することにつながります。そのためには土地と太陽光発電システムを厳選することが欠かせません。

土地と太陽光発電システムの選び方のコツ

投資効率を上げるためには土地と太陽光発電システムをあわせて考えてより良い組み合わせで投資をするのが肝心なので、選び方のコツを習得しておきましょう。単純に考えると土地は広くて日がよく当たると生産できる電気の量が多くなります。ただ、面積を広げるほど土地の購入費用が高くなってしまうため、利回りを考えると必ずしもむやみに広い土地を獲得するのが良いとは言えません。ただ、日がよく当たるというのは欠かせないポイントで、周囲に太陽光を遮るものが何もないところを選ぶのが合理的です。

また、東京で投資をしたいと思っている人は近くの土地を探したほうが良いのではないかと考えがちですが、土地を東京都内に限って探す必要はありません。運用を始めてしまえば毎週のように現場に行く必要はなくなるので、遠くて地価が安く周りが開けている土地を探したほうが利益が上がる可能性が高まります。20年もの長期投資になることを考慮し、土地を選ぶときには都市開発の予定も考慮しておくのが大切です。少なくとも向こう10年くらいの間に大きな都市開発を進める予定がない地域を選んでおけば、周囲に大きな建物ができてしまうリスクが低減されます。

太陽光発電システムについては使用する太陽光発電パネルの仕様や性能の厳選が必要です。パネルによっては強い太陽光が当たったとしても単位時間当たりに生み出せる電気量が限られていて、無駄になってしまう分がある可能性があります。ただ、もともと日差しがあまり強くならない場所の場合には、やや劣る発電性能を持ったパネルのほうが初期コストが安くなって全体として利益を上げやすくなる可能性もあるでしょう。また、土地に対して無駄なく太陽光発電パネルを敷き詰められるようにするのも重要で、パネルの仕様によって設置しやすさが異なります。

設置面積が広くなるほど発電量を増やせるのは確かですが、土地と同様に初期コストが高くなるのが問題です。場合によっては太陽光発電パネルを設置しないほうが利益が増えるという試算になることもあるでしょう。違う種類の太陽光発電パネルを組み合わせることで投資効率を上げられることもあります。性能の違いによって弱い光でも発電しやすいパネルもあれば、強い光で最大限の力を発揮できるパネルもあるからです。その組み合わせの自由度の高さも太陽光発電システムを選ぶときには肝心な点となります。

具体的にシミュレーションをしてから決めよう

土地と太陽光発電システムの組み合わせとして最適なものを選び出すにはシミュレーションをしてみるのが大切です。システムの導入をおこなっている業者に依頼して、年間でどれだけの発電量を期待できるかを試算してもらい、初期投資をどのくらいの期間で取り返せるかをシミュレーションしてもらいましょう。季節によって発電量に違いが生じるのは明らかなので、年間での発電量でシミュレーションしてもらうのが大切です。

業者によって扱っているパネルが違うことに加え、太陽光発電パネルの設置の仕方に関するノウハウの多さや、シミュレーションに使うための情報の豊富さにも違いがあります。そのため、候補としたい土地が見つかったら、複数の業者に依頼してシミュレーションをしてもらうほうが賢明です。土地と業者の候補が多いほどやり取りは大変になりますが、このような努力をすると投資効率を最大化できる組み合わせを見つけ出すことができます。

太陽光発電投資では固定価格買取制度が定められている影響で、少ないコストでいかに発電量を増やすかという観点で投資の仕方を考えれば良くなっています。発電量は土地と太陽光発電システムの選び方によって大きく左右されるため、どれだけの費用対効果が上がるかをシミュレーションしてから決めるのが合理的です。業者によって持っているノウハウも扱っているパネルも違うので、候補となる土地が見つかったときには業者間比較をしてみるのが重要になります。投資効率を上げるためには発電量を増やせる土地と太陽光発電システムの組み合わせを見出すのが肝心だと考え、労力を惜しまずに比較検討をしてみましょう。




サイト内検索
記事一覧