成功のカギは業者選び!土地付き太陽光発電物件に関するノウハウを身につけて、投資を成功させよう!

分譲型太陽光発電への投資ってお得なの?ふつうの投資と何か違うの?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/26

投資にはさまざまな種類があり、そのひとつに昔から安定しているものに不動産投資があります。不動産投資にはいくつかの種類がありますが、もっとも新しいものが太陽光発電投資です。

しかし、この太陽光発電投資にはいくつかの方法があり、その中でもはじめやすいのが分譲型と呼ばれる土地付き太陽光発電を購入というものになります。

太陽光発電投資を行うためには?

太陽光発電投資といってもいくつかの種類がありますが、基本的な考えは太陽光が当たる場所に太陽電池パネルおよびパワーコンディショナーを設置し、それらの装置を用いて発電した電気を電力会社に買い取ってもらうことで収益化するというものです。この際に日照時間の長い場所は、建物の屋根などが有効活用の場所としてよく用いられていますが、遊休地などに大量のパネルを設置して事業で発電することもあります。

いずれにしても太陽光発電を行うためには一定の広さがある土地が必要ですし、太陽がよく当たる場所でなくてはなりません。これらの条件に合致させることで投資として十分に資金の回収が可能になりますが、太陽光発電が増えた現代においては、わざわざ土地を購入してまで行うほど魅力的なものかといえばそうではありません。

しかし、それでも太陽光発電で投資を行いたいという人に向いているのが分譲型によるものです。分譲型は不動産会社や太陽光発電の設置を行う業者が土地付きで販売しているもので、土地と太陽光発電設備をセットで購入することができます。

固定価格買取制度による投資資金の回収

太陽光発電投資が可能なのは、固定価格買取制度が大きく影響しています。以前ほど買取価格は高くありませんが、そのぶん設備も安くなっているため、初期コストを抑えることで十分に資金が回収できるものです。

固定価格買取制度は再生可能エネルギーを普及させるために政府がはじめたもので、電力会社に一定期間に買取価格を固定するように定めたものになります。いくつかの条件がありますが、一般家庭で使われるようなものであれば20年固定となるため、その間に売ったお金で設置した資金を回収することができますし、設置にかかった費用をすべて回収することができれば、そのあとはすべてが利益となります。

特に、太陽光発電は他の発電方法とは異なって動的な場所はほとんどなく静的な方法で作動させることができるため、長期間にわたってメンテナンス費用を抑えて作動させることが可能です。このようなことから、太陽光発電という性質と再生可能エネルギーとしての固定価格買取制度によって、投資した金額を十分に回収することが期待できます。

分譲型による太陽光発電はお得なのか?

太陽光発電投資としてよく見られるのは、屋根に設置したり遊休地を活用するというものが中心です。特に太陽を使った発電では面積が必要ですから、ある程度の広さが確保できなければ十分な収益を得ることができません。

また太陽光発電では広いほど建設コストが下がるものですから、その点でも投じる金額が大きい方が資金を回収することがより期待できるようになります。 このような土地をもともと保有しているといった場合には、太陽光発電では設備を設置するだけですから、その分投じるコストも安くなるわけですが、土地を新たに購入して行うにはハードルが高いものです。

特に東京など大都市の場合には土地需要が高いため、太陽光発電投資よりもそのほかの不動産投資の方が効果的といえます。一方で太陽光発電は都市部で行わなければならないものではありませんから、分譲型で多いのが郊外を中心としたものになります。

太陽光発電は人がいなくても太陽さえ当たれば利益を生み出すものですから、その点で土地を含めて太陽光発電による投資をはじめようと考えた場合には分譲型という選択肢になるものです。

アフターサポートも重要なポイント

分譲型太陽光発電投資は多くの業者が参入していますが、不動産投資に共通しているのがアフターサポートが必要であることです。太陽光発電そのものは一度設置すれば頻繁にメンテナンスをする必要はありませんが、それでもまったく行わなくても良いというものではありません。

ひとつは発電が正常に行われているか監視する必要があり、問題が起これば対応する必要があります。夏になれば雑草が生えてくることもありますから、それらにも対応する必要があるものですし、災害が起こればいち早く復旧するための対応能力を有しているのかも重要です。

無責任な業者の場合には売るだけ売ってあとは知らないといったようなものから、アフターサポートの料金を高額に設定するところもあります。またたいていの場合には設置した業者がサポートを行うことになり、他の業者を選ぶというのが難しいのも太陽光発電の問題点です。

このようなことを避けるためにも、投資資金が回収できるまでの費用対効果を見て業者を選ぶことが重要なポイントになります。

土地を選んで購入することが大事

太陽光発電のリスクとしては、周辺環境や自然災害があります。日照時間が確保される必要があるため周囲に高い建物が建たないような場所である必要がありますし、植林によって木が成長することで影となることもあるものですし、また太陽光パネルが光を反射することによって周辺環境を悪化させることもあるものです。そのようなトラブルが起こらないように太陽光発電では配慮する必要があり、分譲型を購入する場合にも同様です。

自然災害についてもリスクがあるもので、災害に遭うような場所は避けることが必要になります。適しているのは丘陵地帯で、盆地など浸水する可能性があるようなところはリスクが高いものですし、急な斜面といった場所にもリスクがあるものです。もちろん、分譲型などではそれらのリスクを下げるために地盤改良や擁壁を作るなどして作られるものですが、そのぶんコストも高くなります。

ただ、リスクのある場所ではコストが高くなってもしっかりと対策がされているものや、一定期間の保証があるようなものを選ぶことがリスクを避けるためも有益なものになります。

分譲型太陽光発電投資で成功するには

分譲型太陽光発電投資を行っている業者は全国に多くあり東京にも東京を拠点として全国で展開していることもあります。東京は地価が高い場所ですので、多くはその郊外の物件が中心になるものです。

分譲型太陽光発電投資で成功するポイントとしては、その業者が行っている事業内容をよくみることです。もともと不動産や太陽光発電の設置を行ってきた業者もあれば、エコロジーの観点から創業したところもあります。

また分譲型が主力というところもあれば、自ら太陽光発電所を経営しているところもあるなど、その形態はさまざまです。投資ですので失敗するリスクも少なからず存在するものですから、多くはリスクの説明を行っていますし、それらを保証する制度を設けているところもあります。

一方で太陽光発電投資では資金を調達して行うというケースもありますが、このような時には自社ローンが充実しているところの方が手続きを簡略することができますし、金利も抑えることができるものです。それらを踏まえて投じた資金が十分に回収できるところを選ぶことが成功するためには欠かせません。

 

東京には多くの太陽光発電投資をサポートしてくれる業者があり、分譲型太陽光発電も盛んに売り出されています。歴史があり良質な業者も多いので、その点では東京の業者は選択肢が豊富といえますが、実際に投資として考えた場合には、自身にとってより良い選択なる業者であるか見極めることが成功するためには欠かせないことです。




サイト内検索
記事一覧