成功のカギは業者選び!土地付き太陽光発電物件に関するノウハウを身につけて、投資を成功させよう!

まだなら急いで?盗難防止!防犯カメラの設置にお金を惜しむな!

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/06/12

東京では太陽光発電投資をする法人や個人が増えてきています。高価なものなので、ソーラーパネルを盗難されてしまうと大変です。

組織的に窃盗団が盗むことも考えられることから、ソーラーパネルを設置したら防犯カメラも設置することをおすすめします。

設置したほうがいい理由とはどんなことか

東京では自然再生可能エネルギーへの取り組みがおこなわれています。その一つに太陽光発電投資が挙げられるのですが、これは法人だけではなく個人でも設置するところが増えてきているのです。

当然、投資には多額のお金がかかります。よほどの資産家ではないとそう簡単には投資できないことでしょう。また、初期費用もかかりますし、何よりもソーラーパネルそのものが高額です。土地の広さなどに合わせて大きなものを設置するところもあります。もちろん、大きければ大きいほど費用はかかります。補助金などを活用して設置することをおすすめします。

それから忘れがちなのは防犯カメラの設置です。ソーラーパネルが高価なものだと認識している人が増えてきたこともあり、盗もうとする人も少なからず出てきています。盗まれてしまったらせっかくの投資も水の泡です。大きなものなら一人で盗むことはできませんが、窃盗団などの組織的な団体もいることから、大きなものでも簡単に盗まれてしまうこともあります。盗難防止のために防犯カメラの設置は必須と言えるでしょう。

しかし、ただでさえソーラーパネルの設置にお金がかかっているところに、防犯カメラ代までかかるとなると、設置を躊躇する人もたくさんいます。形だけで設置すればいいだろうということでダミーを取り付けることも少なくありません。当然、ダミーではほとんど効力を発揮できません。慣れている人ならパッと見ただけでダミーかどうか判断できます。ここは一つケチケチせずに、高性能なものを取り付けることが大事です。カメラがあるだけで盗難を防止できるのなら、それに越したことはありません。

どこにどのくらい設置するか決めよう

太陽光発電投資をするうえで大事な点は盗難されないように気をつけることです。せっかく大掛かりな工事や費用をかけて設置したにもかかわらず、設置後すぐに盗まれてしまっては何の意味もありません。もちろん、設置契約をする際、盗難されたときの補償も設けられていますが、できれば盗難されないほうがいいに決まっています。

そこで、多くの人は防犯カメラを設置します。一台あるだけでも高性能なものなら、しっかり効力を発揮するのでおすすめです。ただし大きなソーラーパネルの場合、死角が生じてしまうこともあります。数台のカメラを取り付けたほうが安心です。なので全体的に死角になりやすいところに設置することをおすすめします。それから、防犯カメラといってもいろいろなものがあります。映像が映らないいわゆるダミーと呼ばれるタイプもありますが、これでは効力を発揮できません。パッと見た感じではカメラが設置されていると泥棒に対し、牽制することはできるものの、ダミーだと見破られてしまったら元も子もありません。

やはりおすすめなのは本物の防犯カメラです。しかも高性能なものを取り付けましょう。録画機能があるタイプなら、盗難後にも映像をチェックし、後からでも泥棒を追いかけることができます。盗まれなかったとしても不審者の洗い出しなどに役立つので有効的です。また、大きさや形などにもいろいろあります。どんなタイプが有効的なのか、それぞれ目的に合わせて対応商品も違っているのでよく調べてみましょう。個人宅の場合、屋根や庭などにソーラーパネルを設置することが多くなっています。日中は家人の目が届くこともありますが、夜間はそうもいきません。このような場合には夜間だけカメラの電源を入れるといいでしょう。そうすれば費用を安く抑えられます。もちろんこの場合も死角になるようなところにカメラを設置することが大事です。一台だけでは不安なら、玄関と庭というように出入り口に2台は設置しておくと安心です。

どのくらいの費用がかかるのか確認しよう

東京の多くの住宅では防犯対策がきちんとしています。最近は賃貸マンションでもセキュリティ強化をしているところが多く、女性の一人暮らしでも安心です。このように、盗難防止、不審者侵入防止のためにもセキュリティ面はどこの家庭でも強化することをおすすめします。

特に太陽光発電投資をしている家庭は狙われやすいので注意が必要です。屋根にソーラーパネルを設置していても安心できません。泥棒は屋根にのぼってソーラーパネルを盗むこともあります。慣れている人なら簡単に盗んでしまうこともあるのです。屋根よりも庭に設置している場合は特に危険です。死角になっている庭の場合、日中でも庭に入ってソーラーパネルを盗まれてしまうことがあります。ソーラーパネルは中古品であってもインターネットなどを通して売買されてしまうことがあるので、よいお金になるのです。

このようなことがないようにするためには、防犯カメラの設置が役立ちます。カメラ台をケチることもなく、逆に盛大にお金をかけてセキュリティ面を強化しましょう。それには一台いくらくらいするのか確認することが大事です。機能やメーカーなどによって価格は異なります。安価なものでは数万円で購入できることもありますが、高性能なものなら何十万円といった単位のものがおすすめです。ある程度の出費は覚悟しておきましょう。

一台だけでは心もとないこともあるため、2台以上の設置がおすすめです。まず、予算を決めます。2台で100万円以内という予算ならどのような商品があるのか、インターネットを活用して調べてみましょう。販売店によっては数台まとめて購入すると割安になることもあります。価格交渉をすることがポイントです。

それから、ソーラーパネルを設置する際、その業者にセキュリティ面に関する相談をしてみるのもおすすめです。場合によってはその業者を通してセキュリティ機器の販売をしてくれることもあるからです。契約した業者経由で販売してもらったほうが何かと好都合といえるでしょう。費用も安くしてもらえることもあるでしょう。また、この場合、業務用のカメラを設置したほうが無難です。例えば店舗などで利用されているものを設置するのです。万引き防止、不審者侵入防止などで使われているタイプは高性能で便利なものが多くなっています。業務用のセキュリティ対策機器を販売している専門店を利用してみるのもいいかもしれません。

専門店であればさまざまな機器を取り扱っており、まとめ買いもしやすくて便利です。いずれにしても信頼できるところから購入しましょう。カメラの設置とともにセキュリティ会社との契約を結ぶのもおすすめです。そうすれば何かあったときにもすぐに対応してもらえます。カメラだけでは不安でも、セキュリティ会社もついていれば準備万端です。

東京で太陽光発電投資をするのなら盗難防止のために防犯カメラの設置をしましょう。当然、お金はかかりますが、それは必須です。お金をケチらないことが大切です。防犯カメラ設置をせずにソーラーパネルを盗難されてしまったとしたら、カメラ代よりも断然多額の損失が出てしまいます。大きなソーラーパネルだから盗まれないと安易に考えることなく、窃盗団などの組織的な団体もあるので十分な注意が必要です。費用にとらわれず、高性能で万能なものを設置しましょう。




サイト内検索
記事一覧